シミなら何でも美白化粧品がいいんでしょうか?

シミなら何でも美白化粧品がいいんでしょうか?

シミと行ってもいろいろ種類があるんでうsね。
これってよくわかってない勝ったのですが、医学的に言うと、幾つかに分かれてしまうんですね。

できてしまったシミのタイプを把握することによって対策方法が変わってきますので、充分に注意する必要があります。

逆に言うと、そのシミの正しい対策方法を知ってしまえば、なくすことだってできる可能性は高まるということなんですよね。

○老人性色素斑
別名、日光性黒子。
俗に言う日焼けによるシミ。場所も大体決まっていて、頬骨の高い部分が多いです。
一般的に言うシミとはだいたいこれのことを指します。小さいものから大きなものまでありますね。

対策方法は、薄いものであれば、化粧品で美白効果のあるものを使えばなんとかなると思います。あとはピーリングがいいですね。濃くなってきたらレーザー治療でないと治せません。

○脂漏性角化症
なんだか難しい名前ですが、特徴としては表面が盛り上がっているんでうsね。蓄積した紫外線のダメージが盛り上がってきてイボみたいになったものをいいます。
ゴツっとしている感じです。肌色、茶色、黒っぽいものがあります。
これはレーザーで焼かないととれません。

○省卵斑
俗に言う、ソバカスです。鼻から左右に広まった散らばった感じの小さなシミです。
これは遺伝ともされていて、10代の頃からできてしまうとされています。ピックアップしてみると、一つ一つのシミは四角かったり、三角だったりします。

対策として、美白化粧品は望みが薄いのでやめておきましょう。
レーザーでの治療がいいとされていますが、完治せず、また出て来る可能性も。

42歳のあなたへ。ロスミンローヤルの効果で旦那もビックリ?

まずは皮膚のことを知る必要があるかもしれない件

表皮の構造と関係あるのかターンオーバー

ひとえに皮膚と行ってもいろいろ層があります。
全部で4つの層からできてます。

基底層、有棘層、顆粒層、角層です。
42歳のあなたへ:ロスミンローヤルの定期購入がスゴイ

表皮に特化したってことではないのですが、表皮のうちの約9割が細胞が角化をしてしまうということです。

ちょっとよくわからないかもしれませんが。角化細胞は基底層で生まれて、それが2つに分離されます。

基底細胞として残る方と、有棘細胞になって、その後、顆粒細胞、角質細胞となって行きます。これで終わりで最後は垢になります。赤になったらあとは剥がれ落ちるだけになるんですね。これが角化です。

このかっかになったあとは下から表皮が入れかわるということでこれをターンオーバーといいあす。

いわば表皮のための代謝のサイクルなんですね。これがどれくらいの期間かかるのかといいますと、トータルで約28日かかるといわれています。ターンオーバーは早ければ早いほどいいかと思われがちですが、決してそういうわけではなくて、あまりに早いとなると、角層が薄くなって生成されて、それが弱くて乾燥しやすい敏感肌になる、と。

逆にこのターンオーバーが遅いと、角層が厚くなって固くなって、これがくすみやシワ、ニキビとなって出てきやすくなるんですね。

ターンオーバーの経過
角化細胞→免疫細胞→色素細胞
順に
ケラチノサイト → ランゲルハンス細胞 → メラノサイト
となります。

シミとレーザーに対しての恐怖と不安感。

シミを取る方法にレーザーで取るなんてことはありますけど、アレってどうなんでしょうね。

手っ取り早く取る方法としてはありなのかもしれませんが、やっぱり肌を焼くというところに若干の抵抗感があるのが否めないんですよね。

これって肯定的な意見しかないのかなぁとおもっていろいろとネットで調べていたんですけどね。

顔にできたヒドイシミとかならしょうがないのかもしれないけれど、あっという間に一瞬で消してしまうなんてのはどうなのかなという意見もありました。

これっていうのはずっと悩んできていたものなのかもしれませんけど、やっぱりずっとかかってきたものを一瞬であっという間に消えたらありがたいですよね。そんなのスゴイって思いますけど、ずっとそうやっていかないといけないのかもしれないですし、お金のかかる蟻地獄から抜け出せなくなるんじゃないかって。それもそれで思い過ごしかもしれませんし、そうだったらいいんですけどね。

でもこれって毎日頑張ってスキンケアをやっていくことによって、消すこともできる場合もあるんですよね。
消すという表現はちょっといいすぎかもしれませんが、薄くするなんてことは可能といえば可能なんだとか。

コレは気持ちと根性だと思っています。毎日のケアこれでローションパックとか美白のパックとかしつこくやっていくとすごく小さくなったなんて人もいるわけですから、やっぱりそういったシミに対してのスキンケアをやっていくことが大事なのではないかな、と思っています。

シミに対しての恐怖心というのはあって、まわりの人たちがケアしているにも関わらずやっぱりしみになってしまったりそんな人達が何人かいるんですよね。恐怖と言うかやっぱり怖いものは怖いんですよね。

でもこれってやっぱり生活している上であhしょうがないことなんだという認識を持って、どうやったらシミが出なくなるのか、ということは考えておいたほうがいいんですよ。もちろん考えるだけじゃダメで、これからのスキンケアを大事に行っていく必要があるんですよね。

じゃあどうすればシミができないようになるのか、というところなんですけど、常に保湿を意識していくことが大事だと思うんです。

じゃあその保湿ってのはどうやって行ったらいいんでしょう?ということになるのですが、残り文字数もちょっと足らなくなってきたので、そのへんの保湿力なんかに関してはまた後日別の記事で書いていきたいと考えています。

シミと小じわ共通する部分はない

シミと小じわって全然別物だと思っていました。

言ってしまえば同じ肌の悩みではあるんですけどね。原理原則とか対策方法なんて全くの別物かと思っていたんですが、どうも一足束になってしまうようなきがするんですね。

ということで、どちらかの対応策や対応サプリなんかをやっていれば、自然ともう片方も治るのではないかな、と思っているんです。

そんな都合の良いことってあるのかしら?って思ってしまいますけど、試しに検索とかしてみると一つのサプリじゃなくて、医薬品が引っかかりました。

ロスミンローヤルというものなのですが、単にそれが存在するからということでそう思ってしまったのかもしれませんね。

逆に言うとそういうふうに思ってしまっても仕方ないかなぁとも思えませんか。
これが単なる私の勘違いなら、それはそれで終わりなのですが。

でもよく考えるとロスミンローヤルってどうなんでしょうね。
単にシミと小じわを直すような成分が入っているってだけで、冒頭で書いたようなことではないのかもしれませんね。

このへんもうちょっと調べて見る必要性はあるかもしれません。

シミとアロマの意外な関係

シミとアロマの関係って意外とあるんですね。
シミが消えるかもしれない美白にいいとされるアロマってなんなんでしょう?

そもそもシミの原因を知らないと対策できないみたいな感じなんですが、と言うかシミの種類ですよね。

シミにも種類があってその判断というのが必要になってくると思うんです。このシミの種類ってのを判別できるとそれぞれの対策とか練ることができるんじゃないかな、なんて思っています。

それがなんなのかってのはなかなか難しいことではあると思うのですが、まずはアロマで効くか効かないか、をやってみてもいいと思うんですよ。

そんなに高くないですし、他の効果も期待できますしね。

さいあくシミが消えなくても他の部分に効果あるからそれなりにいいか、なんてことにはならないと思いますけどちょっとくらいはそういう気持ちになるかもしれません。

いやいや、シミに効かないと意味が無いわけで。

では、どうすればいいのか、ということなのですが、ターンノーバー(ターンオーバー)の促進を芽ざいます。肌の循環ということですね。肌が生まれ変わることによって、シミが薄れていくことを期待します。これを促進するための機能がアロマに備わっているとされているんですね。

外部からのトリートメントと同時に内部からも改善を試みればより一層期待はできると思うんですね。

その内部の対策というものがこちらになるわけなんですが、これはこれで本気度が違うというかやってみる勝ちはあるかなぁなんて思っているわけです。
ロスミンローヤルは効果なしって?

お金の問題とかいろいろとあると思うのでその辺は財布との相談になると思います。